MENU

残尿感はなぜ起こる?

残尿感の治し方 残尿対策におすすめサプリメントはコレ!

 

残尿感とは、おしっこをした後も奥に詰まっているような、まだ出るような残っている感覚のことを指します。実はこの残尿感は、本当におしっこが膀胱内に残っているわけではなく、以前の勢いや量との違いに違和感を覚えてしまうために起きてしまうのです。

 

残尿感が残ったままだと、ストレスを感じるため、何回もトイレに行くことになってしまったりすることもある。しかし、そもそも残尿感があるというのは何かの病気のシグナルという可能性もあります。

 

では、なぜ残尿感が起きてしまうのでしょうか?

 

残尿感の原因は?治し方は?

残尿感の治し方 残尿対策におすすめサプリメントはコレ!

膀胱炎・尿道炎

残尿感の治し方 残尿対策におすすめサプリメントはコレ!

膀胱炎は、おしっこが溜まる場所である膀胱の粘膜が炎症するといった病気です。同じく、尿道炎もおしっこの通り道である尿道内の粘膜が炎症を起こしてしまう症状を指します。
では、なぜこの膀胱炎や尿道炎が起きてしまうのか、それは「細菌」が原因です。どれか特定の菌というわけではありませんが、多くは肛門から出る大腸菌が原因で、食中毒や化膿性疾患を引き起こす黄色ブドウ球菌も原因としてあげられます。基本的に膀胱炎も尿道炎も菌が入り込まないように保護する免疫力が働いています。

 

しかし、それが月経・体調不良・ストレスなどの原因で弱まったり、免疫力を超える多くの菌が入ってきてしまう場合や、不衛生な状況での性行為や、排泄、排尿後の洗浄不足など様々な要因をもって膀胱炎や尿道炎を引き起こしてしまうのです。

 

膀胱炎や尿道炎は比較的、肛門と尿道の距離が近い女性になりやすい傾向があり、二人に一人は膀胱炎や尿道炎になったことがあるそうです。

 

膀胱炎・尿道炎の治し方

膀胱炎は、基本的に膀胱内や尿道内にいる細菌を滅菌する必要があります。ですので、治療法としては抗生物質の処方がされるのが一般的です。基本的には一週間前後で治療が終わりますが、中には抗生物質がうまく効かないという薬に耐性を持った菌もいますので、症状が治まったとしてもしっかり確認をしてもらうことが大切です。

 

また、 膀胱炎・尿道炎の抗生物質の服用は最後まで行うことが指導されますが、症状が治まった段階で服用をやめてしまう人も多くいます。しかし、膀胱内、尿道内には原因菌が残っていることがあるため、最後まで飲み切ることが大切です。

 

前立腺肥大(男性)

残尿感の治し方 残尿対策におすすめサプリメントはコレ!

男性には前立腺という尿道と膀胱の間付近にある器官で、これは年齢とともに肥大していくことが多いといわれています。50歳になれば3割、60歳で6割、70歳で8割の人がなるといわれていますが、基本的に前立腺が肥大しただけでは、特に治療が必要というわけではありません。

 

しかし、2割ほどは前立腺肥大に対しての投薬治療が必要となるケースもあります。前立腺肥大になってしまう原因は、肥満・高血圧・高血糖・メタボリックシンドロームなどが遠因として挙げられますが、詳しい原因はすべてわかっていません。

 

そんな肥大した前立腺は尿道などを圧迫してしまうため、勢いがでず、残尿感の要因となってしまいます。

 

前立腺肥大の治し方

前立腺肥大は、前立腺がんなどの病気のシグナルであるといった可能性もあります。ですので、まずは泌尿器科での診断をおすすめします。検査しても異常がないようだったら、肥大を促進しないように、食生活や喫煙、節酒などを心掛けるようにすることが必要です。いずれの場合も男性ホルモンの働きが関与していることが分かっており、男性ホルモンの働きを抑制することが期待できるノコギリヤシなどの成分を摂取するなどをすれば前立腺の肥大も抑制できることが期待できます。

 

残尿対策におすすめの成分は?

ノコギリヤシ

残尿感の治し方 残尿対策におすすめサプリメントはコレ!

ノコギリヤシは、北米南部原産のヤシの一種です。このヤシの実にある有効成分が男性ホルモンの増加を抑えられると考えられています。フランスなどの海外ではノコギリヤシは前立腺肥大症の治療薬として扱われている経緯から、残尿感、夜間頻尿に効果が期待できるとして認識されています。

 

では、女性にとってノコギリヤシは、摂取する意味はあまりないのではないかと考えられています。ただ一説では、男性ホルモンの働きを抑えることで、女性ホルモンの活動を優位にすることができるといった報告もあります。無論、医学的根拠というものはないようですが、入っていても厚生労働省の報告によると忍容性が高い成分であることから摂取しても問題は基本的にないようです。

 

ただ妊娠中の摂取は控えましょう。

 

ペポカボチャ

残尿感の治し方 残尿対策におすすめサプリメントはコレ!

ペポカボチャには夜間頻尿改善作用を有し,睡眠改善作用が期待できるといった報告があります。北辰フーズによるカボチャ種子継続摂取がヒトの脂質異常症、排尿障害、過敏性膀胱など生活習慣病に与える影響に関する臨床試験の結果によるとペポカボチャの12週間後の継続摂取により起床から就寝までの尿の回数・就寝後から起床までの尿の回数・尿意切迫感・尿失禁のすべての項目のスコアが有意に減少したといった効果が報告されています。

 

ドイツでは、ペポカボチャは前立腺肥大症や過活動膀胱炎の治療薬として扱われていることからノコギリヤシとセットで処方されることも多いものです。男女どちらでも使える成分となります。

 

亜鉛

残尿感の治し方 残尿対策におすすめサプリメントはコレ!

頻尿対策として代表的なものは実は亜鉛です。

 

亜鉛と頻尿は一見あまり関係がないように思えますが、ほかの薬の影響で亜鉛不足になっていたり、免疫を高めるために必須の成分であること、日本人の多くが亜鉛不足であることなどの理由から亜鉛は頻尿対策では多くの場合配合されています。

 

亜鉛摂取量が十分足りているという場合は問題はありませんが、何か薬を飲んでいるという場合で頻尿になっているという方は一度主治医に相談をしてみると良いかと思います。

 

具体的におすすめの残尿対策サプリメントはコレ!

では、具体的にこれらの成分を配合した残尿対策におすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介していきます。

 

 

ノコギリヤシPUREの特徴

日本泌尿器科学会専門医と提携しているサプリメント。

アメリカ産の厳選した高品質なノコギリヤシエキスを100%の純度で配合したもので、ソフトカプセルにはゼラチン・グリセリン・カラメルといった体に有害でない成分で作成されています。

このノコギリヤシPUREのポイントは、定期購入で、日本泌尿器科学会専門医が、一人一人の病気・健康の悩みに直接回答してくれるという取り組みをしている点です。また、3か月以上のまとめ買いコースを申し込むと、頻尿スコアを記録することができ、それで改善が認められなければ、3か月おまとめコースでは半額、6か月まとめコースでは、全額の返金を行うというキャンペーンを行っています。

それでなくても、定期コースの申し込みで500円で購入することができるので、まずは初期費用を安くしたい、という方にもおすすめです。

なお、このサプリメントはノコギリヤシのみの配合なため、男性向けのサプリメントです。

 

ノコギリヤシPUREのおすすめポイント
  • 日本泌尿器科学会専門医と提携しているサプリメント
  • 高品質なアメリカ産ノコギリヤシエキスを100%の純度で配合
  • 服用結果次第で半額~全額返金
  • 初回500円キャンペーン中

口コミ
膀胱が張っているような状態で鈍痛が続いていましたが、このノコギリヤシを摂取してから鈍痛がひいてくれました。病気ではないので治療のしようもないそうだったので、助かりました。こちらのサプリメントの提携医師?である先生にも相談してもらって親切に回答していただいたので対応面でも良いかと思います。
61歳/男性
前立腺炎になったようで、病院に行った後にまたなってを繰り返していましたが、これを飲み始めてからはほとんど気にならなくなりました。高いですけど、あの痛みを味わなくて済むなら悪くない買い物だと思います。
55歳/男性

価格 500円
評価 評価5
備考 定期購入初回価格
 

クレアギニンEXの特徴

ノコギリヤシ・ペポカボチャに加え、頻尿に良いとされるスイカに含まれるL-シトルリン、さらに合計29種類の有効成分を配合し、おしっこを作る腎臓の健康に働きかけるサプリメント。

頻尿や残尿感の要因のすべてが解明されているわけではないため、 γトコフェロール・冬虫夏草・しじみエキス・イソサミジン・高麗ニンジン・桑の葉などの和漢の考えを活かし、総合的な健康を目指すことで改善を目指すことが可能です。

現在70%OFFの1980円キャンペーンを行っています。

クレアギニンEXは、男女どちらにでもおすすめできるサプリメントです。

 

クレアギニンEXのおすすめポイント
  • 29種類の多種調合サプリメント
  • L-シトルリン・ノコギリヤシ・ペポカボチャ配合
  • 現在70%OFFの1980円

口コミ
知り合いのおすすめで買ってみました。なんとなく体が元気になるようなそんな感じがします。残尿感がすこしあったのが、それも少し改善したかな?一番良かったのが、夜トイレに行く回数が激減したこと。信じてみて良かった。
58歳/女性
いろいろ入っていてお得な感じなので買ってみました。一か月くらいで、夜間の頻尿や残尿感が改善してきて、3か月くらいでほとんど生活に支障を感じなくなりました。
67歳/男性

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 定期購入初回価格
 

やわたノコギリヤシの特徴

フロリダの自生しているノコギリヤシから果実を手摘みで収穫し、酸化劣化が起こりにくく、熱に弱い成分も余すことなく抽出できる超臨界二酸化炭素抽出法という特殊な方法を採用しています。
一口にノコギリヤシエキスといっても、抽出法や素材によってかなり栄養素の質が変わってきてしまいます。やわたのノコギリヤシでは、そんなノコギリヤシエキスを高品質にすることに成功し、320mgと十分な量を配合しています。

また、3か月以内の全額返金保証や定期便では最大1847円になるなど一か月あたりのコスパが非常に高いため、ノコギリヤシエキスを始めたいという男性の方におすすめできるサプリメントになっています。

やわたのノコギリヤシは、男性向けのサプリメントです。

 

やわたノコギリヤシのおすすめポイント
  • フロリダに自生するノコギリヤシを果実を手摘みで収穫
  • 超臨界二酸化炭素抽出法を使ったノコギリヤシエキス320mg配合
  • 定期便でのご購入で10%~14%の割引
  • 3か月以内の全額返金保証

口コミ
以前安いものを使用していましたが、こちらに切り替えたらかなり尿きれの調子が良くなりました。ノコギリヤシエキスといっても結構違うことを体感したので、これからはこちらでやりたいと思います。また、価格も安いのがいいですね。
67歳/男性
前立腺肥大でも治療の必要がないということで、そのままにしていましたが、最近残尿感がすごくてはじめたのがこれでした。ちょっと尿の勢いが戻って残尿感がなくなったので、満足しています。
52歳/男性

価格 1847円
評価 評価4
備考 定期便で最大14%OFF
 

ナチュラエースの特徴

ダイドーが提供するイソサミジン・ペポカボチャ種子エキスに加え、クランベリー、ジンゲロール、ショウガオール、亜鉛を配合したサプリメント。
イソサミジンには、排尿障害改善作用があるということで有名な成分で、ペポカボチャと一緒に摂取することにより、相乗効果で有意な頻尿対策につながるといった報告があります。

清涼飲料水メーカーでおなじみのダイドードリンコが作っているため、品質管理や安全管理は申し分なく、一粒が小さいため女性でも飲みやすいよう設計されています。

男性でも問題のない成分配合ですが、基本的には女性向けに作られたサプリメントです。

 

ナチュラエースのおすすめポイント
  • 女性向けサプリメント
  • イソサミジン・ペポカボチャ・クランベリー・ジンゲロール・ショウガオール・亜鉛配合
  • イソサミジン・ペポカボチャ種子エキスの相乗効果が期待
  • 女性に飲みやすい小粒カプセルタイプ
  • 定期便で10%割引を実施中

口コミ
イソサミジンとペポカボチャが頻尿に良いときき始めました。確かに夜間に起きてしまう回数がかなり減りました。有意なサプリメントだと感じます。
69歳/女性
以前使っていたものが粒が大きくて飲みにくかったので、こちらに切り替えてみました。効果も良かったし、飲みやすいし良かったです。
51歳/女性

価格 3857円
評価 評価3.5
備考 定期便購入で10%OFF
 

すっきり さわやか習慣の特徴

フランスなどの海外では、ノコギリヤシは医療品として扱われていますが、日本での配合量は300mg前後と海外に比べると少ないのが現状です。

すっきり さわやか習慣では、海外摂取基準である550mg配合した上に、西洋カボチャ(ペポカボチャ)を日本の平均配合量を大幅に上回る750mg配合しています。さらに、食生活でも不足しがちで薬の影響により減ってしまい頻尿の要因となってしまう亜鉛も一日の最大摂取量15mgを配合しています。

初回定期便申し込みで52%OFFキャンペーンを行っています。

すっきり さわやか習慣は、男女どちらにでもおすすめできるサプリメントです。

 

すっきり さわやか習慣のおすすめポイント
  • ノコギリヤシを海外摂取基準550mg配合
  • 西洋カボチャを日本の平均配合量を大幅に上回る750mg配合
  • 亜鉛を一日の最大摂取量15mg配合
  • 初回定期便申し込みで52%OFF

口コミ
良いサプリメントだと思います。少し高いですが、夜間頻尿も少しおさまっています。
67歳/女性
配合量多くていい感じです。夜必ず起きたり、残尿感が気になっていたのですが、飲み始めてからかなり改善したと思います。
52歳/男性

価格 3800円
評価 評価3
備考 定期便初回価格

 

最後に

頻尿は年齢や体質によって起こりやすい症状です。

 

しかし、栄養状態などの見直しで予防改善は期待できるため、ぜひあきらめずに取り組んでみてはいかがでしょうか。